何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~



原題: THE HELP
1960年代のアメリカ・ミシシッピ州の田舎の町では人種差別が根強く、黒人女性たちは安い賃金で『ヘルプ』(家政婦さんですね~)として白人家庭で働いていたが、その扱いはひどくトイレすら自分たち家族のと別のを使うようにというほど!大学を卒業して戻ってきた作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はヘルプたちの扱いを、体験談を聞いてまとめ本に!暴露本をだしたぞっていうお話です。

実話のお話なのであらすじがほぼ全部のことになっちゃってますが~
大事なのは細部なのでご容赦くださいませ(○´ェ`○)

もうね、予告観ただけで、絶対にこの映画は私好きははず!って思ったけど
大好きでした。はい。間違いないです。
人種差別。あまり身近ではないかもしれません。
日本でもそういう地域があるとは子供の頃から教えられますが、それを肌で感じたことないです
でも、人種差別が根強いところでは本当に理不尽で理不尽で理不尽で・・・
そして1960年代という時代と、アメリカというかアメリカの田舎というところは
恐ろしくなるぐらい極端な人種差別があって
そんな価値観で育ってきた人が、その実情を話すということにどれだけ勇気が必要か・・・
もうね、涙腺がゆるゆるな私はこの映画観てて泣きっぱなしだったんですよね(^-^;)
悲しい涙じゃなくて、感動の方ですけどね(ノ∀`)

そして、人種差別をする奥様たちがたくさんでてくる映画ではありますが
そこが不愉快よりもあまりに行き過ぎててばかばかしいぐらいなのが
観ていて気分が悪くならないというか(身近じゃないからそうなだけかもしれませんが)
魅力的な人の方に目がいくから楽しい映画でもあったといいますか!!

エマ・ストーンがくりくりの天パ頭がかわいくて、ちゃんと普通に育ったらこうなるよね?
ってキャラで、
って書くとわかりづらいですね。

黒人のヘルプの主な仕事は子育てでもあるわけで、
古典なら『乳母』、現代の感覚なら『育ての親』なわけで
そうやって育ってきたのに、そのヘルプを他の奥様たちは差別するのはなぜ?
って思うのが普通なんではないかなと思うわけです。

そして、普通の映画だったら悪役になりそうなポジションのジェシカ・チャステインが
とっても魅力的だったのがまた素敵でした~(○´ェ`○)
まあ、差別の権化なブライス・ダラス・ハワードの敵役なので
この映画で悪役になるポジションじゃないのは当然ですがw
ジェシカ・チャステインはこの映画におけるマリリン・モンローでして(≧▽≦)
金髪碧眼に豊満な胸!!男には好かれても女の敵!って、ある意味そういう役なんですが
彼女は差別の町にやってきたよそ者なのですよね~だからね~もうね~魅力的なのですよ~
この彼女を妻に選んだイケメンはいいやつに違いないね。うん( ̄ー ̄)

そしてもちろんヘルプな役のヴィオラ・デイヴィスとオクタヴィア・スペンサー
この2人も素敵でした!






しかし・・・
こういう映画を観るとやっぱり差別をする白人奥様方の方がバカに見えてしょうがない(^-^;)
もちろん、この映画にでてきてるヘルプのような素敵なヘルプに育てられてないのかもしれないし
育児放棄レベルでヘルプにまかせっきりなんてことが極端な例なのかもしれないけど
子供の頃抱きついていた人をそこまで見下せるようになるってなんだろ???
そして、一番奥様方がバカに見えることというか、
本当に勝手な私の価値観なんだけど・・・・
トイレを共用するのも嫌ってほど差別してる人たちの手料理を食べられるのがわからん!!
私にはこれがめっちゃ矛盾に感じちゃうのよね(^-^;)
衛生を気にするって話ならば、食べる方がよっぽどダメじゃない?(ノ∀`)
って、考え方が理系すぎるのかしらね(^-^;)それとも現代的すぎ?(^-^;)

家事をそこまで全てやってもらっといて、トイレは別のを使ってってバカに見えると思うんだが
現代の日本に生まれ育ったみなさまいかがでしょう?(ノω`)

実話系気になる方は是非観てください!
★★★★★5点満点です。
by kanamejakushi | 2012-04-03 14:15 | 映画