何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

苦役列車



中卒で日雇い労働者の北町貫多(森山未來)19歳は風俗や酒にはまり家賃も払わずにいいかげんな毎日を送っていた。ある日同い年の専門学校生・日下部正二(高良健吾)と職場で友達になり、酒場や風俗につれまわして仲良くなったり。古本屋の桜井康子(前田敦子)がかわいいんで仲良くなろうとしたり、ちょっと青春な感じなんだけど、頭ん中は”やりたい”しかないから、あんまうまくいかないんだよねってお話です。

芥川賞を受賞した西村賢太の原作の映画化!
作者がネガティブキャンペーンして盛り上げてたり(あんまり盛り上がってない?)
作者が確か「私小説しか書かない」みたいなことを言ってるタイプで
深夜番組でこの人がマツコ・デラックスと話してるのを観ておもしろいな~と思ってたんです。

で、1980年代後半が舞台なこの話。
作者の若い頃ってことだよね、森山未來!!
いや~もう、最低な男を本当に素晴らしい演技でやりきってます!!
西村賢太がしゃべってるとところを観たことがある方はその素晴らしさがよりわかるかも
すっごくいい感じに品性下劣なタイプなんですよこの役って!
もうそれがでまくりで!!
台詞回しがね、また素晴らしい!
冒頭からでてくるけど、この人って「趣味・読書」なわけです。
だからっていうのも変だけど、ものすごく台詞が長いというかとくとくと話すのです。
下手な人がやったら棒読みになりそうだけど、上手い人がやったら
ちょっと落語調な感じというか、ああ、この人面倒くさい方向に頭がいいんだなっていうね
この品性下劣な役を観ていうのもなんですが役者森山未來には惚れ直しました!!

またその対比ともいえる役が高良健吾っていうのがいい!!
めっちゃイケメンだから好きなのはもちろんですが(笑)
この人って、硬軟どちらもいけるんですよね~(○´ェ`○)
田舎からでてきたぼっちゃんで、世渡りもうまい、そんな役ができちゃう力の抜き方というか
あの目力の強さを存在感だけに使えてる感じといいますか
だって、がっつり目力使ったらどっちかっていうと品性下劣な役もうまそうなタイプでしょ(^-^;)

前田敦子の出番が少なかったのもちょうどよい感じでよかったです!
あと、でてくる女性で美人の部類にはいるのが前田敦子だけだったのもすごいかも(^-^;)

風俗のお姉さんとたちとか、元彼女とか、見事にあまり美しくない人たちを使って
それが場末な感じとリアリティをかもし出してました~
なんか、本当にこの作者の視点って、女を穴としか思ってないんだな~って感じがでてて
原作も読んでみたくなりました。

原作者の品性下劣っぷりを見事に再現した森山未來に脱帽!!
★★★★☆4点です。
by kanamejakushi | 2012-07-26 17:27 | 映画