何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

藁の楯



資産家の蜷川隆興(山崎努)は、孫娘を殺した清丸国秀(藤原竜也)を殺してくれたら10億円払うと大々的に発表した。かくまってくれていた男に殺されそうになった清丸は逃亡先の福岡で出頭したが、殺人未遂で捕まった男にも1億円が送られることになったと知り、安全と思っていた場所でもたびたび殺されそうになる!東京での殺人容疑で逮捕されたので福岡から東京まで死なせずに移送しないといけないので、SPの銘苅一基(大沢たかお)と白岩篤子(松嶋菜々子)、本庁の奥村武(岸谷五朗)と神箸正貴(永山絢斗)、福岡県警の関谷賢示(伊武雅刀)の5人が清丸を護衛することになったが、賞金のおかげで大事になっちゃって本当に大騒ぎだよってお話です。

いくら賞金ついたって全国民が人殺し計画するなんておかしいでしょ~
な~んて思いながら観に行ったのですが、
うん。ちゃんと、普通の人はほとんどただの野次馬なのですね。納得。
そして大沢たかおのSPだけは、まあ大体はちゃんとしてて、
大体はってのが微妙な表現ですが(^-^;)映画だから、映画らしく演出しちゃうと
つっこみどころ満載!なわけで(^-^;)
でも、そんなつっこみどころは、半眼ぐらいですませると。

うん。この映画おもしろかったです。
やっぱり藤原竜也は狂気の役が似合う!
あ・・・似合うじゃなくて、演技力がある!と表現すべきかしら(ノω`*)
大沢たかおは警察とか検察とか医者とか硬い役似合う!!
永山絢斗はやんちゃな役も似合う!(好青年もめっちゃ似合うけどさ~♪)
岸谷五朗と伊武雅刀の年配組もよかったですけどね。

ただ、かなりお派手に作ってるせいで、かなりつっこみどころに目をつぶらないといけないかと^^;
一緒に観ていたKちゃんの感想は「見事にグダグダ(ノ∀`)」でした(^-^;)
うん。確かに、ここでそれはないでしょ(^-^;)ってシーンを作りまくって
ストーリーを展開させてたのはみえみえ(^-^;)
なんでこの人・・・(^-^;)って私もつっこみいれまくってたら楽しめなかったろうなと・・・
いや、結局のところはつっこんでるんだけど^^;

警察モノなだけに、どこまで現実的なことに目をつぶれるかで楽しめるかどうかが決まるかも(ノ∀`)

大沢たかおと藤原竜也の狂気と理性を楽しむことに集中できれば
見事にグダグダとは思わないんじゃないかな~と思わなくもない。
私も、最後の方のシーン以外は、まあ目をつぶれました・・・都内のシーンは現実感なさすぎで
グダグダってよりも、なんだかな~って感じで冷めました(ノ∀`)

日本映画で、洋画のアクション物を目指した感じだけど、台詞の端々が日本らしくてよかったかも。
★★★★☆4点です。
by kanamejakushi | 2013-05-01 14:00 | 映画