何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

グランド・マスター



原題: 一代宗師
北方で2つの流派の統一をかなえ30年にも渡り師と仰がれていた宮宝森(ワン・チンシアン)は引退を考え後継者を選ぼうとしていたが、南のカンフーも北へ取り入れたいと、代表として選ばれたのが葉問(トニー・レオン)で、宮も実力を認め、いずれは宮の弟子・馬三(マックス・チャン)や娘の宮若梅(チャン・ツィイー)と闘うのかと思ったら、馬三は人格に問題有りだし、若梅は女だし、抗日戦争が始まって葉問は北に行かれなかったし、カンフーの世界も大混乱ってお話です。

えーっと、なんかあらすじが足りなさ杉かなって気もしますが、
まあ、なんかそういう乱世的なお話でした。はい

そして、画像がめちゃめちゃ美しいというか芸術的というか、
全てが絵のようでした。
これ、褒めてはいるんですが・・・褒め言葉ではあるんですが・・・

すいません、映画としては私の苦手なタイプです(^-^;)

画像が素晴らしいのは好きなことは好きなんですが・・・
素晴らしさが、その好きを超えちゃってたんですよね・・・
チャン・ツィイーとかトニー・レオンのアップは本当に美しいし、見ていても大丈夫なんですが
たっぷり芸術に盛った画像というのが、映画的には好みじゃないんです(^-^;)
かえって気が散るといいますか(^-^;)
女性の密集具合とか、水ひとつぶひとつぶがせまってくる画像だとか
楽しめてるといえば楽しめてるんですけど、
その分、話への集中力が消えちゃうんです・・・まあ、これは私の問題ですけど
実在の人物をモデルにしてる分、話自体がやや地味というか複雑というか
一筋縄でいかなさすぎるというか、散漫というか、
いつこの人とこの人が絡むのかと思ったら、絡まないままとか(^-^;)
それが現実だから、しょうがないんですが・・・・
つまり、現実を知ってる人じゃないと肩透かしで終わってしまうというのもあったり(^-^;)
多分、もっともっとカンフーに詳しい人は、「おお、この時代に!」とか、「ここでこの人が!」とか
思えて楽しかったりするのかなと思わなくはないですけど、
しょせん、子供の頃ジャッキー・チェン大好きだった~♪って程度のカンフー映画ファンの私には
難しすぎたのかもしれませんです(^-^;)

とにかく画像が美しい、芸術的カンフー映画(●´∀`●)
★★★☆☆3点です。
すごいんだけど、好みじゃなさすぎました(^-^;)
by kanamejakushi | 2013-06-06 15:32 | 映画