何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

カテゴリ:映画( 671 )

おとなの恋の測り方

原題:UN HOMME A LA HAUTEUR/UP FOR LOVE
携帯を拾ってくれた人から自宅に電話がかかってきてびっくりした弁護士でバツイチなディアーヌ( ヴィルジニー・エフィラ)は、そんな電話での会話にときめきカフェで待ち合わせをすると、やってきたのはイケメンだけどとても身長の低い男アレクサンドル(ジャン・デュジャルダン)少しがっかりしてしまっていたのに、いきなり楽しいところに連れて行ってもらい、もう大興奮。才能のある建築家で、話が面白くて、趣味も面白くて、イケメンで、身長が低い以外すべてが素敵すぎる!悩みながらも恋に落ちちゃうよね、でも悩むよね、ってお話しです。

そりゃあもう、間違いなく最高の男だこれ楽しすぎる
って描き方がわかりやすくて楽しくてキュンキュンしちゃいましたよ
ディアーヌの元夫がクソ過ぎて大丈夫かってところあたりは
かなりなつっこみどころですが
普通、そんなに価値観あわなかったら弁護士なんて仕事なら
別々に仕事すると思われますよ。うん。
こんなひどい仕事する人となぜずっと一緒にやってるんでしょう?
フランスは弁護士資格簡単なの????
というのが一番の疑問でしたが

アレクサンドルの息子がめっちゃカッコイイ。素敵。
お父さんの素敵さを本当にわかっているところがさらに素敵

ディアーヌの元夫以外はほとんどいい人が出て来る映画なので
ディアーヌの葛藤が際立ってとても素敵で楽しい映画でした

こんな素敵な男実際にいたらいいのにな~
★★★★★5点満点です。期待通りでした

by kanamejakushi | 2017-06-30 14:52 | 映画

こどもつかい

子供に呪われると3日後に死ぬという呪いの話しを取材していた新聞記者の江崎駿也(有岡大貴)。保育士の恋人原田尚美(門脇麦)が呪われてこどもつかいと名乗る男(滝沢秀明)があらわれたからなんとか呪いをとかないとってお話しです。

ホラー映画ってことですが、あまりホラーじゃないというか怖くありません
子供に呪われたり、子供の霊が現れるのはまあホラーなんだなと思いますが
全体にホラー的な怖さはあまりなかったと思います。
名前が滝沢秀明が一番大きいから主役となってますが
普通に主演は門脇麦ちゃんかなと思います。有岡大貴とW主演とか
そんな感じでした
大人が猟奇的な死に方はしますが、あまり怖さは感じなくて
エンターテインメントな感じです
つっこみどころ満載でもありますが楽しかったです。

ぼーわんが~ぼーわんが~♪
ってこの歌が耳を離れません、つい歌ってしまいます。

呪いの歌がかわいい歌でいつまでも耳に残ります。んで歌ってます。
★★★★☆4点です。

by kanamejakushi | 2017-06-30 13:53 | 映画

22年目の告白 私が殺人犯です

時効を迎えた殺人の犯人が突然、自分が殺人犯であると告白本を出した。殺人犯の曾根崎雅人(藤原竜也)はイケメンで世間はチヤホヤしたり、憎んだり、討論したりと大騒ぎ。事件当時殺人犯を取り逃がした刑事・牧村航(伊藤英明)は逮捕もできないが、他の被害者家族からの復讐から曾根崎を守らなくてはならなかったり、はたして殺人を告白した真意は何か?ってお話しです。

いろいろお話にトリックやどんでん返しがありますが
ほぼ、観る前から想像していた通りのお話しで
とても面白かったです。
やはりこういう狂ってるんじゃないかと疑わせる役は藤原竜也ですよね!
もうその設定だけで観に行こうと思わせるところがあると思います
そして期待に通りに演じてくれて観て良かったと思わせてくれます
伊藤英明がこれまたいい味だしてくれてます。

ちょい役の若手俳優さんたちもいい味だしてます。
★★★★☆4点です。

by kanamejakushi | 2017-06-30 13:23 | 映画

昼顔

不倫して引き離された笹本紗和(上戸彩)と北野裕一郎(斎藤工)が再会して、でもやっぱり不倫は駄目だからあきらめなきゃと思ってたら北野の奥さん乃里子(伊藤歩)に会っているところを見つかって、逆にあきらめきれなくなっちゃったんで不倫じゃなくちゃんとしたいから頑張ろうってお話しです。

ドラマの続編です。
ドラマも観てました。
不倫もいろいろあるよね
上戸彩みたいなキャラの不倫は、それはまあなんか納得というか
北野先生の方の設定はともかく、上戸彩側の心の動きは仕方ないって思えるように
まあまあお綺麗な感じで描かれてましたよね
だから、再会のチャンスとか、恋心とか
上戸彩の可愛さもあいまってキュンキュンですよね

でも、このお話し、ほぼ全てを持っていくのが
ほんの少ししか出てない伊藤歩!!!
もちろん設定がそうなわけですが、彼女の女優魂といいますが
たたずまいの凄さといいますか
本当にすごい女優さんだといつも思うのでした

上戸彩かわいい、斎藤工えろい、伊藤歩すごい
★★★☆☆3点です。

by kanamejakushi | 2017-06-30 12:30 | 映画

武曲 MUKOKU

矢田部研吾(綾野剛)は父親に厳しく剣道の指導を受けていたが稽古で父親を植物状態にしてしまい酒に溺れるようになってしまった。羽田融(村上虹郎)はラップに夢中な高校生だったが帰宅途中に剣道部ともめたのをきっかけに剣道にのめりこむようになり、研吾と出会ったことで真剣勝負をしたいとおかしな方向にのめりこんでいっちゃうお話しです。

相変わらず雑なあらすじですが
融というのはどうもおかしなのめりこみ方をするタイプで
巻き込まれる大人はたまったもんじゃないけど
そのたまったもんじゃないような方向性が
ほぼアル中になってた研吾には必要だったようで
剣道を好きな人からしたら、剣道はそんなに狂った武道じゃない!
と、怒られそうな勢いもあるお話ではありましたが
タイプの違うイケメンが鍛えてる姿は美しかったです。

男の美しさを堪能する映画
★★★★☆4点です。

by kanamejakushi | 2017-06-30 12:06 | 映画

花戦さ

花をいけることで弔いをする寺の坊主である池坊専好(野村萬斎)はかなりの変わり者で、斬新な花をいけていた。織田信長(中井貴一)のためにいけた花でちょっと失敗したが、それを見ていた千利休(佐藤浩市)の印象に残り、豊臣秀吉(市川猿之助)の天下になった頃、専好と千利休は親交を深め、やがて秀吉の圧政に苦しめられたので、専好は秀吉のためにも花をいけてこらしめようってお話しです。

あらすじはこんな風にまとめてみましたが、
もっと簡単にまとめると、変わり者の池坊専好さんの人となりについての映画です。
はい、なんとも変わり者
野村萬斎さんがさらに派手に演じているのでより変わり者感が伝わります
いつもはちょっと苦手な演技の市川猿之助さんがいつもほど派手ではない演技で
わたし的には見やすかったです。

花いくさな部分については、あれでおさまるのかどうか疑問ではありますが
そういう話なのだと思うしかないですかね

野村萬斎さんの変人演技を楽しみ、佐藤浩市の渋さを堪能しましょう。
★★★☆☆3点です。

by kanamejakushi | 2017-06-30 11:40 | 映画

20センチュリー・ウーマン

原題:20th Century Women
ドロシー・フィールズ(アネット・ベニング)は40歳という高齢出産で息子のジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)を産んだ。そんな息子が15歳になった1979年、思春期の息子を一人ではフォローしてあげられないと下宿人のアビー(グレタ・ガーウィグ)と息子の幼馴染のジュリー(エル・ファニング)に子育てを手伝ってともちかけ刺激的な夏が始まるぞってお話しです。

すっごく大きなことが起こるお話しではないですが、
ファンキーなお母さんと、ファンキーな下宿人
ビッチだけど微妙に純な幼馴染だとか
フェミニズムに興味もっちゃう思春期な少年だとか
出て来る人たちがみんな愛おしいです

まっとうに生きてる人達からみたらファンキー過ぎて引くかもしれないし
馬鹿にされそうな危うい部分が多いけれど
本人たちはいたって自分に正直にやりたいようにできることはやるし
思い通りにやれないことにもやもやすることもあるけれど
それでもまっすぐに生きていこうとしてる姿に
愛おしさがこみ上げてきます

ファンキーな時代に一生懸命生きていた人を愛おしく思える映画です。
★★★★★5点満点です。

by kanamejakushi | 2017-06-30 10:56 | 映画

SING/シング

つぶれそうな劇場を復興するために、新たな歌手をオーデションで選ぼうとしたら、その告知の賞金額が2桁間違っていて、大騒ぎになってしまったけど、お金はないしさあ大変というお話です。

今更な感想ですが、楽しかったです。
やはり声優さんが歌手の方が多かったのが説得力があって良かったですね
それに負けない長澤まさみの歌声がまた印象的でした。

かわいいキャラと歌声を楽しめました
★★★★☆4点です。

by kanamejakushi | 2017-06-30 10:33 | 映画

視覚障害者のための音声ガイドを作る仕事をしている尾崎美佐子(水崎綾女)は、モニター調査の試写会を繰り返す中で視力を失っていくカメラマンの中森雅哉(永瀬正敏)にがっつりダメ出しされ、色々と悩んだりイラついたりしたが、中森と関わっていくことになったぞってお話です


河瀬直美監督の作品
フランスで受けているだけあって
演出が芸術的といいますか、心理的といいますか
目で語らせまくるといいますか
とんでもなくアップが多いので
あまり前の方の席での鑑賞には向きません
混んでる日に観に行ったのでかなり前を取ってしまい
正直少し辛かったです
画像が正直言って好みではないのですが
前回観た作品は睡魔との戦いでしたが
これはけっこう面白かったです
出演者の方々の演技が素晴らしかったからかもしれませんが
でも、
これ、ラブストーリーかな?
一応そんなシーンはあったけど
ラブストーリーな感じは受けませんでした
そういう感情の流れはどこに?
私が鈍かっただけかもしれませんが

題材が面白くて楽しめました
★★★★☆4点です。ちょいオマケ
by kanamejakushi | 2017-06-07 07:34 | 映画

ちょっと今から仕事やめてくる

パワハラ上司にやられまくりの青山隆(工藤阿須加)は電車に飛び込みそうなところを、小学校の時に転向した同級生と名乗る山本(福士蒼汰)に助けられ前向きになっていくけど、ブラック企業で働いて死のうとするくらいなら仕事辞めちゃえば?ってお話です。

タイトルがタイトルなので
すっごくわかりやすいですが
ある意味期待を裏切らない
とてもベタでわかりやすい
先を読みやすいとも言いますが
ストレート過ぎるくらいストレートなストーリー

吉田鋼太郎さんのブラックな部長ぷりが際立ってましたが
みんな分かり易過ぎるほどわかりやすい
ベタなキャラ設定で
ストレートな演出で
ベタに泣かされました

あまりにベタ過ぎるので好みはわかれそうです
★★★★☆4点です
by kanamejakushi | 2017-06-02 17:25 | 映画