何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

<   2009年 05月 ( 47 )   > この月の画像一覧

クローズZERO II

やっと観てきましたよ。
前作も観てますが、Ⅱのが好き。両方おもしろいけど、こっちのがもっと好きだよ。
バトルバトルなお話だけど、陣取りゲームみたいでわかりやすかったし(=´∇`=)
でもバトルよりも、キャラのメリハリが最高に楽しめた映画でしたよ。
(今回いっぱい書くから敬称略<(_ _)>)
小栗旬の一番おもしろかったシーンって黒木メイサとのやりとりだったんだけど、それはちょっと言いすぎかね?他にもっといいシーンあったろって言われそうだけど。一番印象に残ってるのはそこです。黒木メイサほんとちょっとしか出てないけど、悪い子相手のヒロインってめっちゃあってる気がするのよね。こんくらい強い目の美人だとさ、普通の子のラブストーリーだと、わたし的には違和感もっちゃうんでさ、この人でた映画けっこう観てるけど、クローズZEROにでてる黒木メイサが一番好きです。
やべきょうすけまた前作に続いてっつうか、前作よりさらにおいしい役!いや、あんだけしかでなくてエンドロールの名前の順番はちょっと驚いたんですけど(笑)でも、いいやつ役がなかなか似合ってます。
高岡蒼甫いいっすよね。好きなんですよね、こういう存在感のある役者さん。やっぱおいしい役どころだし。あんましみたことなかった役者だけど遠藤要とのライバル設定がまたよかったですね。この遠藤要って人は名前でひいきするわけじゃないけど(笑)年取ればとるほどよくなっていきそうなタイプ。期待しちゃいます。
上地雄輔があんなにちょびっとしか出なかったのは売れちゃって時間なかった?っていう見かたはうがりすぎですかね?原作もそんなとこなのかな?
桐谷健太 と伊崎兄弟のやりとりもかわいくていいよね。てか、エンドロール観るまで、あの双子のジュノンボーイだってことに気がつかなかった、前作でも同じこと思ったような気がするけどね。
それにしても、三浦春馬は出番少なすぎでしょ(笑)ファンは絶対もっと期待してたと思うんですけど。顔が汚れなくてよかったけどさ。究極においしい役だったよね。
究極においしい役といえば波岡一喜!!もうむちゃくちゃやらかしまくる役なんておいしすぎでしょう。この人って変な役をやらせたら天下一品よね。あのツリ目がそういう役をやってくださいっていわれちゃうしかないんだろうかね。いや、また他の映画でも期待しちゃいます。
他、並べるだけ並べちゃうけど、見れてよかった役者さんたち
大東俊介(小生意気最高!)、小柳友(うぉーこんなところにも出てたんだー)、金子ノブアキ(肉体美だけじゃないよ。いい。また役者もやって欲しい)、綾野剛(りょうちゃん役すげぇいい)、深水元基(リンダマン最高の役っしょ)、阿部亮平(目がいくいい顔してるよ!)、阿部進之介(すっごい売れそうと思ったんだけど、もしかしてもう売れてる人?)、松重豊(あの髪型変なんですけど、おもろい役よね)、遠藤憲一(だからかっこよすぎるんだってば!!)、岸谷五朗(なんておちゃめな組長なのよ。でも小栗旬の父親役ってなんか納得)、山田孝之(やっぱ、この人はいないとだめだよね!)

とにかくおもしろく観られた。スッキリした。
★★★★★5点満点です。


映画・ドラマ
by kanamejakushi | 2009-05-31 21:43 | 映画

お買いもの中毒な私!

原題: CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC
最近ちょこちょこやってる、おしゃれなニューヨークの映画って感じのシリーズっぽいかなと思って観てきました。
他は、「プラダを着た悪魔」とか「私がクマにキレた理由(わけ)」とかかなってね。
画像が華やかで、その割にはちゃんと楽しい映画を期待するわけです。
まあ、この映画もそんな感じにできあがってました。期待を裏切りもしなかったけど、こえてもくれなかったのですね。うーん。でも、けっこう楽しいかな。
タイトルの通りですが、ヒロインが買い物中毒で、カード使いまくって、どうしよう、払えないって状態なのに、失業して、んでひょんなことから経済誌の記者になってみたら、わかりやすい言葉で記事を書いたからうけちゃいました。なんてまあ、なくはない展開。
そこらへんの展開はなくはないんだけど、借金の方がむちゃくちゃな設定かな。
カード12枚ももってたら、もっと借金ひどいはずだし、逆に、そこまでガード地獄ってたら買い物がすでに無理な状態なはずだし、アメリカだからこれであり??
まあ、そこはどうでもいいのかね。
一時期中村うさぎさんの本を読み漁ってたので、買い物中毒ってケッコウ興味あったりしたんだけどね、なんか、そんなでもないね、このヒロインは。っていうか、普通の人はそこまで中毒になれないよね、現実的にって感じです。
まあ、そこらへんは考えちゃいけないのかもしれません。
主役のアイラ・フィッシャーは、私は初めてみましたが、かわいくてグラマラスでいいですね。またコメディ映画で観たいなって思いました。コメディが似合いそうです。
相手役のヒュー・ダンシーは何本か観てるけど、いい感じに存在感のある人なんで、何か当たり役をやってスターになって欲しいです!!チャーミングな男は好きじゃ(笑)
主役の親友役のクリステン・リッター。彼女好きです。いいです。ヒロインじゃなくて、つねに脇役にでてて欲しいタイプなのです!!てか、私ほんと脇役が似合うタイプの役者さんが大好きなんですよ。めちゃくちゃ存在感あるし、うつくしいし、かわいいんだけど、この人絶対脇役をやってて欲しいのです。好きな感じだから。
役者さんじゃないけど、この映画のスタイリストさんは、「プラダを着た悪魔」のパトリシア・フィールドで、なんと渋谷の109でも買い捲ったんですってよ。冒頭にでてくる紫の上着は109で買ったとかテレビで言ってたのですよ。

この手のおしゃれぽい映画をケッコウ続けてみてるし、観てる分には好きなんだけど、実際にはブランドなんてまったく興味ありません(笑)
ってか、値段みたら嫌悪しちゃうくらいΣ(・ー・;)
私はその1枚のジャケット代で10年分の衣料品代にしてると思われます。ぷぷぷ。

ごく普通に楽しみました。ちょっとおまけ気味で
★★★★☆4点です。



映画・ドラマ
by kanamejakushi | 2009-05-30 18:16 | 映画

ラスト・ブラッド

原題: BLOOD: THE LAST VAMPIRE
91分と短めの映画。
原題っていうかこれって日本のフルデジタルアニメのリメイクなんですって。
製作国はフランスと香港ってなってますが、ほぼ全編英語ですし、日本語もちらりとでてきます。
主役はチョン・ジヒョン。「猟奇的な彼女」で有名な韓国の女優さんですが、この映画はGiannaって名前になってます。ハリウッド進出用らしい。
そんでもって、日本だとアジエンスのCMもでてますよね。あのCMの彼女はすっごく好きだったりするんですよね。顔もスタイルも。
小雪さんが最強の敵役で出てますが、登場シーン少なすぎです。でも、すっごく妖しいです。この人の顔立ちってものすごく美しいんだけど、ごっつい感じがかすかにあるっていうか、鼻がちょっとがっしりめなんで、このオニゲンって役のイメージすごくあってるんじゃないかとは思いましたが、ちょっとね・・・登場シーンとかいまいちかな。。。もっと妖艶なシーン作って欲しかったよね。
予告ではほとんど出てなかったと思うけど、かなり大事な役のアリソン・ミラーちゃん。かわいいしきれいですね~。なんと、セブンティーン・アゲインにも出てたのね!覚えがないけど。でもいいですよ。雰囲気のあるかわいらしさ。これから注目しちゃいます。

実はたいして期待せずに観にいったんですが、なんとこれが意外とおもしろかったです。
1970年の日本が舞台なのに、なんで英語だらけ?って予告では思ってたけど、なるほどそういうことかって感じだったし。
まあ、もうちょっというと、なぜアメリカの組織なんだ、日本では組織はできなかったのか?って疑問もなくはないけど、まあいいでしょう。
先日チョコレートファイターなんて、すっごくアクションのいい映画を観ちゃったおかげで、こちらのアクションについては、「あー、アニメっぽいね~」なんて感じであれですが、血飛沫とかがいかにも作り物なんで、たいしてグロく感じないですんでかえってみやすかったですね。
まあ、なんとなくストーリーも人とかの動きみたいなもんも、そこそこわかりやすくて意外なほど楽しみやすい映画でした。
しかし、小雪さんの英語はやっぱちょっとたどたどしかったです。あと、他の日本人役の方の日本語もかなり・・・。
多分、チョン・ジヒョンの日本語部分は吹き替えよね。ついでに、彼女の英語はきっとうまいとは思うんだけど、声低すぎ(笑)いや、私も英語ってちょっと呼吸法違うと思うので、低くなりがちだとは思うんだけど、迫力ありすぎですΣ(・ー・;)いや、設定にはあってる気もしますが、日本語での解説とかには16歳とかって嘘が書いてあるんで、その話し方と声が16歳な設定なわけないじゃんって感じです( ̄ー ̄)それはそれでおもしろかったけどね。

意外や意外なおもしろさ。短いのもよかったのかもね。
★★★★☆4点です。



映画・ドラマ
by kanamejakushi | 2009-05-30 17:36 | 映画

PRONTO(^人^)

e0172592_12385826.jpg

e0172592_12385895.jpg

映画の合間のランチo(^-^)o
マンゴー&シークワサーってさわやかに甘い(^_-)-☆
シークワサーだんだん効いてくる(´Д`)


パスタ選ぶ時に茄子トマトあると、絶対選ばないではいられません
o(^-^o)(o^-^)o
by kanamejakushi | 2009-05-30 12:38

化粧品の謎

普段からまったくお化粧をしない私。
でもなんとか、朝晩の化粧水と乳液ぐらいはつけないといけないと思い
火曜に買ってきたのですが。

あ、いや、それまで持ってなかったわけじゃなくて
1年前に買った化粧水が、2週間くらい前にやっとなくなって・・・

あー。これ、女性には怒られますよね。
化粧水とか、乳液とか古くなったら使っちゃダメって

でも、しょっちゅう使い忘れるので、そんくらいもっちゃうんですよ・・・

今回はちょっといいのを買ってきたので(店員さんのすすめるままに)
しかも1日つけただけでかなり効いた実感があったので
がんばって使用してるのですが・・・
ちなみにコーセーの「スパ・エ・メール」ってやつです。まろやかタイプ(●´―`●)

でね、買った時にね、
「化粧水は4プッシュ。必ずコットンを使って!
 乳液は2プッシュ。時間があればマッサージを
 使用量は必ず守ってくださいね
ってことで、カタログみたいのの使用量に蛍光ペンでチェックまでされて
マッサージの仕方まで教わったんですが・・・

いや、マッサージはいいんです。たまにやるのは楽しいし。

でもね、私この使用量が守れないんですヽ(゜ー゜;)ノ
あと、コットンも・・・・
だってさ、もったいなくてさ・・・
ほとんどコットンが化粧水吸っちゃうじゃない(⊃д⊂)
コットンに吸ってる分を手でつけたら2プッシュでも充分じゃない?Σ(・ー・;)
乳液2プッシュもしたら顔ベタベタベチャベチャてっかてっかじゃない?
マッサージすれば手もかなり吸収するから減るかな?

この使用量を守らないとダメなの???
使用量を守った時と守ってない時の違いがわからないのヽ(;・ー・)ノ
てか、自分で使ってると守ってない時の方が
化粧水たっぷりついた気がするのーΨ(`∇´)Ψ

理系ですので、理路整然と話してくれる人がいたら理解はできるはず・・・
まあ、自分でめちゃくちゃ興味があるわけじゃないから調べてないだけ
だったりするんですけどね(´∀`)
by kanamejakushi | 2009-05-30 09:45 | 雑文

BABY BABY BABY! ベイビィ ベイビィ ベイビィ!

「ナースのお仕事」のスタッフ&キャストが再集結した出産コメディーってことで、ほんのちょっとだけ楽しみにして観てきたんですが。
うーん。うーん。うーん。
おもったほどコメディコメディしてないというか、いや、変な設定は随所にあることはあるんだけど・・・・もっともっと、普通の出産でもおもしろエピソードって転がってるんじゃないかな?って思うのよね。
一人の人がそんな全部おもしろエピソードだらけなわけはないけど、どうせコメディ映画なんだし、そういうコネタてんこ盛りにした方がおもしろかったと思うんですよね。
なんか、中途半端にリアルに控えめだったって感じがしました。
そして、おもしろくもないありえない話。
吉行和子さん、あんな半端な設定にするなんて全然おもしろくないですよ。超元気でズケズケものを言う助産婦さん役にすればよかったのにって思いました。
でも、観月ありさちゃん&松下由樹さんのコンビはやっぱりいいなって思います。ナースのお仕事とはもちろんキャラは違うけど、なんかこの二人だとコメディって感じがしますよね。
谷原章介が意外とロン毛役似合ってましたね。おバカだけどやさしいっていうか、本人は知的な感じあるけど、おバカも似合うなと思いました。
それにしても忍成修吾くんは、ほんとイケメンなのに変な味があるっていうか、ここまで不思議に雰囲気があるこもめずらしいというか、なよなよって感じとイケメンって感じと変な人っぽい感じがミックスされてるっていうか、いや、ほんと好きな俳優さんです。ずっと脇役でいて欲しい俳優さん!(ちょっと失礼かしらん。でも脇役が似合う俳優さんが大好きなのです)
藤木直人さんが友情出演ってなってましたが、なんかあんまりあの役はちょい役だけど他の人のがよかったな~(゜▽゜;)もっと、甘さがたりない感じの人というか、超脇役って感じの人のやる役だったと思う。
映像って、演技力ではカバーできない見た目がかなり重要だと思うのですよね。

テレビで見て充分な映画。あんまりおもしろくはなかったかな。
★★★☆☆3点です。


映画・ドラマ
by kanamejakushi | 2009-05-29 23:59 | 映画

パスポート③

e0172592_11571436.jpg


ちょっとページが派手になってきましたъ(`ー゜)

左ページ上
ミャンマーに1日だけ入国した時のものです。
ミャンマーは陸路での入国を禁止しているのです。
昔、「電波少年」で陸路で通過禁止のはずなのに、何故か猿岩石が通過していておかしいって話が持ち上がって、実は飛行機に乗っていたってのが問題になったことがあったのを覚えている人はいるでしょうか?(笑)
でもね、この時は陸路入国です。
実はタイから陸路で入れるところはあるのです。ただし、その村のみの出入国で日帰りとかが条件だったと思います。
今はできなくなったとか噂を聞いていますが、タイってVISAなしで入国すると1ヶ月が期限だったりするんですね。で、もっと長くタイにいたい人がここからミャンマーに1日だけ出て、タイにいられる期限をのばしていたのでした。
この時が初めてのミャンマーだったんですが、私ってば、かな~~~~りミャンマー人顔っていうか、ミャンマーの少数民族顔らしくて、この時一緒してた日本人の女の子がいるんですが、そのこと二人でいるところを見た現地のガイドのおっさんは、「ミャンマー人が日本人の友達と一緒にいるんだと思った」と言われたのです。

左ページ真ん中と右ページ左下
上記のミャンマーの1日入国の時のタイ側の出入国です。
メーサイというタイ北部の町のものになります。
別にタイに1ヶ月以上いたかったわけじゃなくて、普通に物珍しくて利用してみたのでした。

左ページ下
タイからバスでマレーシアを通過した時のものです。
はい。滞在じゃなくて通過なんです。
唐突にタイにいた時に、シンガポールのマーライオンのでっかいのがみたくなりまして、
マーライオンパークのじゃなくて、この頃できたばかりのマーライオンタワーの方です。セントーサ島にあるのです。
その前にシンガポールに行った時はまだ建築中だったんですが、旅行前にもうできてるってのを旅行漫画で読んでて、急に思い出しちゃったんですよ(笑)
で、バスで行ったら安かったので、バンコクからひたすらバスに乗って、マレーシアを通過してシンガポールまで行ったのです。
そんなバスがあることも驚きですけどね。乗り継ぎじゃなくて、直行便なんですよ!

右ページ上
スリランカの時の日本の出入国です。
ちなみに行った地域はスリランカ・コロンボ、キャンディー、ヌワラエリア、バンダーラウェラでした。

右ページ真ん中右
グアムの入国です。
グアムってアメリカなんだーってこの時初めて思いました(笑)
いや、グアムって国だと思ってたんですよねヽ(゜ー゜;)ノ
出国の審査がないのにびっくり&スタンプが増えなかったことにがっかりした覚えがあります。
最初の海外旅行の時グアム経由で、帰国に一回入国したからその時に思ったのかもですが(゜▽゜;)あまりに古い記憶なのでいいかげんですが。

右ページ真ん中左と右下
タイの出入国です。
バンコクでオフ会に参加した後、チェンマイでトレッキングと水掛祭り、タイの北部をうろついて、ミャンマーの1日入国して、首長族の村にも泊まって、バンコクに戻り、思い立ってシンガポールへのバスに乗った時のものです。
長期旅行の初期だったので、激しく動き回ってました。
by kanamejakushi | 2009-05-29 12:37 | 旅の思い出

蛍袋

母がホタルブクロをもらってきました。

e0172592_22323421.jpg


蛍を入れたら光が透けるほど花は薄いかな(●´―`●)
e0172592_2234137.jpg


破けた花があったので中身撮り
e0172592_22344996.jpg


花に毛が生えてるのにびっくり
e0172592_22355482.jpg


つぼみを初めて見たけど。緑⇒白⇒花の色になっていくのね。なんか野菜みたい。
e0172592_2237492.jpg

by kanamejakushi | 2009-05-28 22:38 | 植物

チョコレート・ファイター

原題: CHOCOLATE
タイのアクション映画です。
タイの映画初めてみたかもです。
主演のジージャーちゃんがものすごいアクションを展開してます。
設定として、一度動きを見るとその技ができるようになる能力がある。ってことでバンバン闘ってくれちゃいます。ジージャーちゃんはテコンドー選手だったそうで、ほんと、驚くほどすばらしい格闘シーンでした。
しかし、美少女というのが私のイメージとは違うんですが(゜ー゜;)
彼女はどうも、井上真央ちゃんにちょびっと池脇千鶴ちゃんたしたような感じのお顔でして、「充分美少女だろ(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻」って言われるかもしれませんが、二人ともかわいいと思うけど、地味かわいいというか、普通のかわいさって感じで「美少女」ってイメージじゃないんですよね(゜▽゜;)いや、これは好みの問題かもですが。とにかく、観てる間、井上真央ちゃんに見えてしょうがなかったです(笑)
お母さん役のアマラー・シリポンさんはとても美しかったです。いい役でしたよ。
そんで、日本のヤクザ役で阿部寛さんがでてたわけですが、これがまたおいしい役でしたよ。出番は少ないけど、カッコイイ(*´Д`*)そりゃー恋にも落ちるさ、おっさんからやきもちもやかれるさって感じです。
ストーリーはわかりやすくて、ヤクザがらみなラブストーリがちょこっとあって、知能には問題あるけど、格闘は天才な少女が母の昔の関係者と闘いますって感じです。
とにかくこの映画の見所は完全にアクションなわけです。
いや、ほんとすごい。こんなかわいいこがこんな切れのある動きをみせてくれるなんてびっくりですよ!
エンドロールで、アクションシーンの収録風景とかを見せてるんだけど、怪我しまくってます。ヒロインも脇役もみんなです。ちょっとびっくりするぐらいです。アクションってこんなに怪我するもんなの??いや、迫力だすのは大事だけど、ちゃんと怪我しないようにすることも大事なんじゃないかなって、ちょっと引いてしまいましたが。この努力あってこその、あの迫力シーンなんですよね。うーん。すごい。

ほぼ格闘シーンだけの評価にはなりますが
★★★★★5点満点です。


映画・ドラマ
by kanamejakushi | 2009-05-28 00:01 | 映画

鈍獣

宮藤官九郎脚本の映画です。元は演劇用だったのを映画用に書き直したそうな。
観ていてもいかにもそういう感じがあるので、安心してありえない設定を楽しめます。
どうも、妙にリアルに物事をつめてるところにありえない話をもってこられると一気に冷めるんですが、こういう、最初っからずっとありえない話って、安心して楽しめちゃうもんだったりしますよね。
しかし、浅野忠信さんが主演ってことになってるんですけど・・・これって北村一輝さん主演じゃないんですかね?(*゜ー゜)
いや、ほんとこのお方ってば、ただでさえインパクトありまくりなのに、この役ってば激しくおかしい妖しい役で、最高に北村一輝さんにぴったりでした。
いや、浅野忠信さんも、すんごい役で、よくまあ、こんな演技をみせくてくれたもんだと思ういい味役なんですけど。
ユースケサンタマリアがまた、はまり役でした。ははは。なんつうかああいうポジションって感じ。
真木よう子さん、南野陽子さんとふたりのヨウコさんエライ役どころですよ。美女二人がまあよくこんな役やったもんです。おもしろかった。
そして、コネタ的な脇役さんがまたいい!
しょっぱなからやたらでてくる柴田山親方!スイーツ好きなコネタもついてきてますよ。
台詞がほとんどないから引き受けられたのね?って感じのジェロ君!いや、今あんなに演歌でうれてるのによく引き受けたよ。素晴らしくB級らしいコネタ出演でした。
この映画は話の展開に触れてもしょうがないよねって感じのB級映画というか、舞台用話なので、そちらは、そうなってるのね。って程度ですが。だからこそ楽しめました。
ざっくり話すと、25年ぶりに訪ねて来た幼馴染は、むかつくことしてくれてるから殺そうとしてるのに、あまりの鈍さに死なない。ってお話なんだけどね。ね?話の展開よりも、キャラを純粋に楽しめそうでしょ?

B級好きで芝居好きには楽しめると思います。
★★★★☆4点です。


映画・ドラマ
by kanamejakushi | 2009-05-27 23:36 | 映画