何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

タグ:ジェレミー・レナー ( 3 ) タグの人気記事

メッセージ

世界の12ヶ所にUFOらしき巨大な物体が現れて、アメリカに現れたUFOでの異星人との交渉のために言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)が異星人の文字を解読していくが、異星人の来訪の目的とは?地球はどうなる?ってお話です。

久しぶりの本格的なSF映画で、
難しかったです、というかあまり理解できませんでした
話の流れはまあわかったのですが
表現方法が詩的といいましょうか、抽象的といいましょうか
思わせぶりなのは、まあ意図的なのはわかったのですが
ルイーズがあまりに自分のことでいっぱいいっぱいといいますか
パニック寸前で感情の動きが見えなかったというか
天才の思考は凡人の私にはまったくわからなかったのかも?

異星人の設定もすごかったし、UFOの設定もすごかったし
文字の設定だのなんだの
技術のすごさはすごく感じたのですが
私の想像力では追いつかなさ過ぎて
感想がひたすら難しかったになってしまいました。

表現はすごかったけど、こちらの感情がまったくついていけなかった
★★★☆☆3点です。

by kanamejakushi | 2017-05-19 19:12 | 映画

ボーン・レガシー



原題: THE BOURNE LEGACY
CIAが最強の暗殺者を作ろうと秘密裏に人体実験してたんだけど、その博士がたちが仲良くしてるところをYoutubeにアップされちゃったから、もし実験のことがばれたら非難されてやばいから博士とか被検体とか殺しちゃおうぜ~って思ったら雪山で訓練中だったアーロン・クロス(ジェレミー・レナー)が生き延びちゃって、博士の方でも1人生き延びてたシェアリング博士(レイチェル・ワイズ)も殺そうと思ったのにアーロンが助けちゃって2人でCIAから逃げちゃうんだよってお話です。

あらすじからして、なんだそりゃって感じになっちゃいましたね~^-^;

すいません。どうも私は”レガシー”って付く映画と相性がよろしくないようです(ノ∀`)

ジェレミー・レナーは好きだし、レイチェル・ワイズはきれいかわいいし
出演者には文句はないのですが・・・(ノ∀`)

やっぱりマット・デイモンが好き過ぎた・・・・
というよりも、
「よっしゃ殺しちゃえ!」
って決断が早すぎる(^-^;)
人の命をなんだと思ってるんだ(ノ`Д´)ノ彡 ┻━┻
っていう映画を観る時にはあまりいらない価値観がかなり邪魔をしちゃうんですよね(^-^;)
だって反撃されてCIAエージェント死にまくるわけですから(ノ∀`)
それについては、なんだと思ってる!とは思わないわけですから(ノ∀`)反撃だしヽ( ´ー`)ノ フッ

アクションはすごかったし、アラスカとかフィリピンとか舞台はすごく惹かれたのですが・・・
どうも話が早すぎるのがものたりなかったといいますか・・・

CIAは隠蔽のためならなんでもOKっていう皮肉物語ってこと?(ノ∀`)
★★★☆☆3点です。景色はいろいろ良かったんですよ~(○´ェ`○)

映画
by kanamejakushi | 2012-10-09 16:33 | 映画

ハート・ロッカー



原題: THE HURT LOCKER
イラクに駐留する、爆発物処理班のお話です。フィクションだけど、まるでドキュメンタリーでも観てるかのようなリアルなつくりです。
ハートは、心じゃなくて痛みって意味で、ロッカーは鍵を閉めるってことらしいです。で、意訳すると「行きたくない場所」とか「やばい場所」とかになるらしいです。なんか、いい邦題をつけた方がよかったんじゃないかって気がしますよね。
全体的な感想ですが。正直、緊張しすぎて疲れました(^-^;)
なんか、この映画のモデルは自分だと騒いでる人がいるらしいですが、それが本当ならちょっとぶん殴ってやりたいぐらい、暴走野郎でもあります。ホント、この主人公と同じチームで無駄に危険な目にあってる人がかわいそう。
そして、なんて上から目線で、ひとつのことしか見えてないことか・・・・
この戦争は、すでにただの「いたちごっこ」になってるとしか言いようがないです。
米軍の余計なお世話のせいで、テロをひたすら繰り返させてるんです。
アメリカ側の言い分では、そのテロを防ごうとしてるとか、自分たちがいなければ市民が殺されるとかってことなんでしょうけど、どう考えても、その米軍を狙ってテロは増やされてるんじゃない?
何も手助けするなって思ってるんじゃなくて、手助けの仕方を明らかに間違ってると思うわけですが・・・
まあ、そういうことを考える為に戦争映画は観ることにしてます。正直言って疲れるし嫌いなんだけど、それで勉強できることも多いからです。
戦時国際法というのがあるというのも、他の戦争映画を観て知りました。(学校の勉強での社会科って苦手なんですよ。)

戦争のむなしさ、兵士の心理、テロの恐怖、現地の住民の姿、さまざまな事をこれだけの緊張感を持続させてみせてくれたすごい映画だったと思います。
観るべき映画だったとは思います。
アカデミー賞も、アバターに勝ったのは納得です。(まあ、私のアバターの評価が低いからですが)
でも、戦争映画は好きにはなれません。

疲れてしまうほど緊張感のある映画です。
★★★★☆4点です。
by kanamejakushi | 2010-03-11 11:25 | 映画