何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

タグ:松田龍平 ( 10 ) タグの人気記事

夜空はいつでも最高密度の青色だ

看護師でガールズバーでもバイトしている美香(石橋静河)はイロイロ考えすぎちゃってめんどくさいタイプ。工事現場で働く慎二(池松壮亮)はやたら喋りまくったり空気を読まないことを言ったりめんどくさいタイプ。そんなめんどくさい2人が偶然出会ってなんか惹かれあっていくお話です。

池松壮亮に惹かれてみてしまいました
タイトルも素敵ですよね!
始まってすぐ思ったのは
原作は詩集かな?でした
で、本当にそうみたいです

ナレーションが詩でしたが
タイトルもまさに詩の一文ですよね
またこれが彼女のめんどくささを強調して
若さを感じて
こういうめんどくさい時期ってあるよなと
彼女達ほど抱えるものは持ってなかった自分ですが
そういう若さゆえのめんどくささに愛おしさを感じてしまいました

不器用な人達のめんどくさい愛おしさを噛みしめる映画です
★★★★☆4点です
by kanamejakushi | 2017-06-02 17:00 | 映画

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 2回目



オカマのマサコちゃん(ゴリ)が、マジックショーで優勝した2日後殺された。友達でもある探偵(大泉洋)が相棒の高田(松田龍平)とマサコちゃん事件の犯人を捜そうとすると、ススキノの街のみんなはなんだか冷たい態度。同じく犯人探しをしようとしてる河島弓子(尾野真千子)が引っ掻き回してくれたおかげであっちでもこっちでも大乱闘になっちゃったよってお話です。

体調のせいか前回寝てしまったため、前作を見直してからまた観に行って
やっと話が全部わかったのですが・・・
前作よりも、コメディというかギャグというかという部分と
アクションはてんこ盛りに、
松田龍平のぬぼっとした雰囲気とカッコイイところを出しまくり
大泉洋の大袈裟な雰囲気で笑いを!
そして、前作でも炸裂した濃いキャラの方々があっちこっちにでてきて
雰囲気とか細かいネタとしてはとても楽しかったといえるんですが・・・

ごめんなさい。私はおもしろくなかったという最終的な感想になっちゃいました(^-^;)
そんな話なの?そんな終わり方なの?
なんとなく定型というか韻を踏む的な前作との関連はわかるんだけど
今回はこんな話でいいんすか??っていう(^-^;)
敵キャラ的なものに魅力がなさすぎというかなんというか
意味もなさすぎちゃいました・・・
とっても残念・・・・
2回観ても、前半までは割りとおもしろかったのに・・・

キャラの楽しさはシリーズ物ってイイネ!なのですが、今回はお話が・・・・残念でした^^;
★★★☆☆3点です。それでも次回作には期待しちゃう魅力的な登場人物たちですよ!
by kanamejakushi | 2013-05-21 16:42 | 映画

探偵はBARにいる 2回目(ノω`*)



パート2ではなくて、最初の方の2回目です(ノω`*)
先日テレビでやってたのを録画しておいて観たのですが(ノω`*)
2回目でしたがやっぱりおもしろかった!

先日、睡魔に負けてしまった2でしたが(体調の問題でつまらなかったのではない)
映画館を出る時、近くにいたカップルの男性が彼女にむかって
「おもしろかったな~。でも、1の方がもっとおもしろかったんだよ」
って話してたんですが、納得。
ええ、もう、私も前回の感想も5点満点つけてますし!

もう一度2を観に行くつもりで、今回みたわけですが
やっぱりイイネ!
あの人がまた観られる!
1でもやっぱこれだったよね♪
と、2を観たおかげで1もまた2度おいしくみられました♪

まだちょっと体調不良中なんで、2を観に行くのは先になってしまいそうですが
とっても楽しみです(≧▽≦)b
by kanamejakushi | 2013-05-16 15:02 | 映画

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点



なぜでしょう・・・
寝ちゃったんです・・・
この映画楽しみにしてたのに・・・・
つまらなくなんてなかったのに・・・
睡魔に負けちゃいました。・゚・(ノД`)・゚・。

ってわけで、日曜にテレビで1作目をやってたのを録画しておいたので
あらためて1作目を見直してからまた観に行こうと思います!

なんせ、2作目もすっごく1作目に登場した人たちがたっぷりでてくるので
1作目を観なおしてから2を観た方が何倍も楽しめそうなので~!

テレビで観られなかった人は、DVD借りてでも観てから行くのがおすすめそうですよ~(≧▽≦)
by kanamejakushi | 2013-05-13 13:51 | 映画

舟を編む



玄武書房は新しい辞書「大渡海」という新しい辞書を作ろうとしていたが、長年勤めてきた荒木(小林薫)の退職の時期がせまり新しい人材として西岡正志(オダギリジョー)が見つけてきたのが、営業部の変わり者・馬締光也(松田龍平)。名前の通りマジメで、言語学を勉強してきたというだけあってまさに辞書作り向け!とにかくコツコツと地味に積み上げるしかない作業を10年以上かけてやっていくしかないんだよって人たちと、マジメが林香具矢(宮崎あおい)に一目惚れしちゃったりして10年以上あれば恋愛とかも編集してる人たちにもおこったりしてるんだよってお話です。

とにかく地道な作業が大量にあるんだよ辞書作りは!!って話でもあるのですが、
なにせ、マジメがおもしろい(≧▽≦)
もう、予告にでてた通り。
地味な作業してる、マジメな人たちを楽しむっていうなんというかシンプルというか地味というか
そこがとっても素敵なお話でした!

なんでオダギリジョーみたいな人が辞書編集なんてところにいたの?
まあ、ここは入社の時のコネの強さとかでわからなくもなくもないけど、
松田龍平のマジメキャラというよりも、コミュ障キャラが営業に配属されてたのは???
しかも、言語学の大学院出って、この人こそ最初から辞書編集に行くんでは?^^;
就職活動できたと思えない・・・こういう人って研究室のコネで就職するんでは?
なんていう、設定にツッコミいれたい気持ちはありましたが(ノω`*)
すいません、そういうのはどうでもいいですね。きっと(^-^;)

とにかく、松田龍平が良かったです!
そして、ツイッターで先に感想で読んじゃってたことなんですが
「宮崎あおいが27歳バツイチにしてあの色気のなさがこのキャスティングに最高」
なんてのを書いてらっしゃる方がいらして、なるほど!本当にそう!
マジメな人が一目惚れするのに、そして恋愛が成就するのに、この清楚さというか
色気のなさは、まさに!!きっとこういう人だ!!
と、納得すること間違いなしなんじゃないでしょうか。
これで、マジメが一目惚れする相手が、モデル出身のかわいいモデル系な方が演じてたら
本当に大丈夫か?マジメ!!ってつっこみいれたくなってしょうがないですもんね(ノω`*)

予告にもあったけど、マジメっておもしろい。本当にそれにつきるおもしろさ!好きです!
★★★★★5点満点です。
by kanamejakushi | 2013-04-30 11:21 | 映画

探偵はBARにいる



携帯を持たない探偵(大泉洋)は、行きつけのバーで依頼の電話を受けていた。ある日コンドウキョウコと名のる女から依頼の電話がかかってきたら、雪に埋められて死にそうになったよ!相棒の高田(松田龍平)にはやめとけって言われたけど、やられっぱなしでいられない性格だから探偵なんだいって感じで、調べまくって仕返ししてやるんだもんね!ってちょっと本当にやばい相手なんじゃないの~?ってお話です。

いや~もう、大泉洋ですもん!!
くさい台詞まわしのナレーションしながらも、大泉洋らしさ全開の演技!
そりゃあ笑いましたよ(≧▽≦)b
眠そうな目しながらも、腕っぷしは強いっていう松田龍平の独特な雰囲気
私はそれをカリスマ性って思ってるんだけど、(弟くんの方がイケメンだけどさ)
このコンビはめっちゃいいですね!
笑いました。楽しかった!!

他のキャストも豪華で(≧▽≦)b
田口トモロヲがバイの新聞記者とか(笑)
松重豊がヤクザの若頭とか!
波岡一喜があやしい団体の代表っぽい役とか!
高嶋政伸のピアスとか髪型とか目つきとか!!
吉高由里子の使い方とか!!!

いや~ツボだらけでした~(≧▽≦)b

ストーリーはある程度読めるけど、でも展開のテンポがよいので楽しめたし!
アクションも適度で楽しめた
って書くと、血しぶき飛びすぎだろう!って言われそうだけど!
血しぶき、あそこまでいくとかえって気にならなかったです(ノω`*)

しかし、小雪をもっととびっきりというか、ひたすら美しく撮って欲しかったな~
どんな時も超絶に美しいって役なんじゃないかなって思ったので
すべてのシーンで、がっつり女優撮りしてあげて欲しかったです!!

大泉洋の魅力全開で楽しい!笑える!でも最後こんなに泣くとは~~~~(≧▽≦)b
★★★★★5点満点です。
by kanamejakushi | 2011-09-15 15:42 | 映画

まほろ駅前多田便利軒



まほろ駅前で便利屋をしている多田(瑛太)は、年末にチワワを預かったことから、同級生の行天(松田龍平)も拾ってしまい、そのかげで自称コロンビア人の娼婦ルル(片岡礼子)と知り合ったり、塾のお迎えをすることになった小学生由良(横山幸汰)のやばいバイトに巻き込まれそうになったりと、やや達観してたのに面倒な日々になったぞってお話です。

とっても不純(?)な理由でこの映画観に行ってしまいました。ほほほ
大森立嗣監督が、大森南朋の兄で、麿赤兒の息子だって知ったから!だったりします
いや、映画観るのにこんな血縁関係なんてどうでも関係ないんでしょうが
この映画を知ったきっかけが、大森南朋がトーク番組で「お兄さんの映画が」
って話を出されてたからだったりするんですが。
映画の感想とまったく関係なさそうなことダラダラ書いてるようですが、
でも、このお2人がしっかり出演してるのですよ。
チョイ役だけど、インパクトの強い役で。っていうかインパクトの強い役者さんだから
こういうチョイ役にでてもらえるって、この監督ってばお得なんじゃ!って思ったのでした。

と、前置き(?)が長くなりましたが、
この映画、とても静かというか、空気感がよいです。
そして瑛太へのピントの合い具合のすごいこと!
なんというか、超美形っていうんじゃなくて、妙なカリスマ性があると思うんですよね
そのお顔に、ものすごくフォーカスがあう感じが、ちょっとムラムラします(ぉぃ)
瑛太と松田龍平って、どちらもそうかもですが
ものすごい美形とかものすごいイケメンってよりも
ものすごく雰囲気があってかっこいいって感じだと思うわけです
だから、こういう間を大切にしてる感じにピタッときてすっごくよかったです!
派手にわかりやすいコンビと違って両方に同種の悲しみが内包されているのです。

そしてもう1人、かっこいい人が~(○´ェ`○)
こちらは雰囲気ももちろんだけど、本当にそのまま超美形な高良健吾!!
なんか、半端ない目力の割りに柔らかい口調の人なんですが、この役は!!
抑えてる、控えてる、だけど怖い!その目力が生きてます!!
ほんのちょっとしか出なかったけどそのインパクトの強さは!!

他にも松尾スズキ、柄本佑、岸部一徳、鈴木杏、片岡礼子
配役が私のツボでした~(≧▽≦)

で、唯一なんか・・・って思っちゃったのが本上まなみ・・・
うーん。うーん。これって演技がド下手なの?演出なの?
と、悩んでしまいました(^-^;)

みんなわけあり、傷ついたって生きてればまたいいことあるさ!って静かに語る映画
★★★★☆4点です。
by kanamejakushi | 2011-04-28 15:16 | 映画

SOUL RED 松田優作



去年のドキュメンタリー映画ですが、近所で期間限定上映になったので観にいってきました。
内容とは関係ないけど、お客私一人でしたΣ(・ー・;)
うーん。うーん。夕方に映画観るような人たちは、松田優作って世代じゃないかななんて、客が私だけってことに気がついてからちょっと考えたら・・・・
しまった、私も松田優作の映画なんてほとんど観たことないやΣ(・ー・;)
映画が始まってちょっとは、なんか変な感じでそわそわしちゃってましたが・・・松田優作について語ってくれる人たちがすごいです。
アンディ・ガルシア、香川照之、仲村トオル、浅野忠信、森田芳光監督。
うーん。本当に映画スターだったんだよね。みんな愛情たっぷりに語ってくれてます。
そして、なんか、どんどん松田優作がかっこよく見えてくるんですよ、映像の並べ方という演出がよかったのかもしれませんが、若いとか、アクションとか、そんなかっこよさじゃなくて、味が濃くなっていくというかね。ああ、こういう人のことを個性派俳優っていうんだよな~って思いました。うん。

そして、すっごく思ったこと。なんつうか、現代の若者にもいそうな・・・っていうか、もっとはっきり言っちゃうと、赤西仁ってちょっとこの人と話し方というか多分声のトーンが似てるんだけど、けだるそうっていうかね、でもね、そんなのイメージだけで、やっぱり熱いのね、この方は。どっちかというと今の俳優で言えば、市川隼人なイメージの語りって感じです。もちろん、年齢が違うので話の濃さがまったく違うけど(^-^;)
松田優作ファンからは、ふざけんなって言われそうな例えですが。なんとなく若い人がわかりやすそうな例をあげてみました(笑)

で、最後に松田龍平と松田翔太の二人もでてきたのですが。うーん、兄ちゃんしゃべり方とか声とか似てるね~。なんつうか、カリスマ性という成分が似てる感じ。んで、弟くんは、お母さんの甘い感じが入ってめっちゃいい顔。
正直言って、最近の私にとったら松田優作は、この二人のお父さんだよねってイメージだったりするんですよね。(この二人って松田優作の息子だよね~じゃなくてね)
でもさ、だから?お父さんが主役な映画だから?この二人の映りが悪すぎ!!
髪型セットいいかげんすぎ!ライティングはまあ、語りっぽくって雰囲気を考えればないわけじゃないんだろうけど・・・・でも、ダメ!もっとかっこよく映って欲しかった!こんなすげぇ息子がいるよって堂々と誇りまくれるほど素敵に映って欲しかったよ!

昔すっごい個性的でかっこいい俳優がいたんだよ。昔は映画スターっていたんだよ。
★★★★☆4点です。
by kanamejakushi | 2010-02-27 00:56 | 映画

ボーイズ・オン・ザ・ラン



漫画原作で、R-15指定だったりする、下ネタばりばりな映画ではあるのですが・・・・
めちゃめちゃおもしろかったです(@@;
やばい。やっぱ峯田和伸の持つ雰囲気は最高ですよ。

29歳のもてないさえない、ちょっときょどっちゃってる男。仕事は、弱小なガチャガチャメーカーの営業。そんな男が、憧れの女子社員となんだかいい感じになっちゃって。でもでも、おもいっきり失敗ぶっこいて。
その失敗のせいで、他の男に彼女をもてあそばれちゃったよ(泣)
正々堂々、正面がから復讐しにいってやるぜ!!
ってのが、予告でもわかるお話なわけですが。

もう、キャラが最高によいですよ~
峯田和伸のきょどりぶりも、下なお話も、空回りっぷりも。カラオケも!!!!
松田龍平のいかにもな、嫌なやつっぷりも似合うヽ(;・ー・)ノエリートサラリーマンでいい人っぽいって話だったけど、いや、このいやらしさはすごいよ!
リリー・フランキーの社長ってのも雰囲気がめっちゃ好きだったし。
小林薫が、会社でビール飲みまくってるのも、似合いすぎ(´∇`)
YOUの風俗嬢って!!なんだろ、力の入ってなさかげんがいいんですよね。この人
そして、ヒロインな黒川芽以の残酷さがいい!!耳年増で、かなりなスケベな設定もいい。自然だと思う。

男って、馬鹿でスケベだよね。っていうあたりまえなことをバッチリ描きまくってるし、それがいかに女にとったらいらんことかって感じを切り捨ててるし、シモネタ全開バリバリだけど、本当におもしろかったですよ。こういう男の頭の中的なことをえがく映画は、やっぱりシモネタバリバリの方が説得力あるよね。

女のくせにといわれようが、なんだろうがこの映画大好きだ!!
★★★★★5点満点です。
by kanamejakushi | 2010-02-04 00:44 | 映画

蟹工船



蟹工船観てきました。
原作有名だし、名作だし、最近また脚光をあびてるとかって話だけど、読んだことないのですよね(゜▽゜;)
まあ、どういうお話かは、なんとなくはわかるって感じではあったんですけど。
なんか、お話自体よりも、これって舞台演劇みたいな作りだなってことがまず気になりました。
船の中が、その場所ってよりも、舞台美術みたい。着てる服もまさに「衣装」って感じ。
そして、西島秀俊さんの演技がまさに舞台・・・
他の人は、そこまで舞台っぽい演技でもないんだけど・・・
なんか、台詞が昔の小説のものだから舞台っぽく感じるのか
悪いといってるわけではなくて、そういう演出なのねって感じなんですけどね。

TKO木本武宏・木下隆行お二方ともちゃんと抑え目の演技でがんばって好演してましたよ。おかげで、悲惨な話なのに、なんかちょっとくすっと笑える感じがはいりやすくてよかったです。他の役者さんに比べて丸いのは、やっぱりこんな劣悪な環境にいる人がどうよって思うのは、みなさん気になるところだとは思うけどね(笑)
そして、「ハゲタカ」でも、なかなか目立ってた高良健吾!やっぱりね、こんだけ目立つ子はこれからもまたガンガンでてくるねって感じで、目立ついい役でした。
他にもね、注目な俳優さんが出てたんですけど
柄本時生(めっちゃいい脇役さん!!インパクトって大事)、中村靖日(このほのぼのなお顔がたまらないんですよ。この方も名脇役!!)高谷基史(初めてみた方だと思いますが、めちゃめちゃインパクトあり!!まあ、台詞ぜんぜんない割りにかなり出番のある役だったから・・・ストーカー役とかで、また観そう・・・)
なんか、ネタ出演っぽいお方が
森本レオさん、大杉漣さん、内田春菊さん
コネタ出演探しがおもしろいかも?(´_ゝ`)

最初はちょっとおもしろかったんだけど、最後眠くなっちゃった。失速??
★★★☆☆3点です。
by kanamejakushi | 2009-07-11 00:03 | 映画