何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2019年 06月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

タグ:アントキノイノチ ( 1 ) タグの人気記事

アントキノイノチ



心を壊してしまった永島杏平(岡田将生)が治療後社会復帰に就いた仕事は遺品整理業だった。まだ完全な状態じゃないのはみるからにあきらかだったので、上司が気を使って年の近い久保田ゆき(榮倉奈々)に世話をやかせたら、ゆきも本当は心が壊れてた人だったので、2人は惹かれあったけど、心が壊れたところも刺激しちゃったから色々思い出したりなんだり大変なんだよってお話です。

かな~り楽しみに観にいったのですが・・・(^-^;)
ちょっとびっくりなぐらいひどい脚本だったんじゃないでしょうかヽ(;´д`)ノ

原作こんなにひどいのかな?さだまさしがこんなに意味不明書かない気がするんだけど・・・

まず何がひどいって、
肝心な杏平とゆきの関係がというか、接触というかふれあいが少なすぎる!!
なので惹かれあったって感じが「は????」って感じに(^-^;)
杏平の方の役は最初から壊れてた感じだしまくりだったからまだしも、
ゆきの方の壊れ方とか、誘い方が唐突すぎて意味不明
でも、めっちゃ熱演なのです榮倉奈々は!ある意味すごい。
いや、演じる人たちはいろんな背景とかも考えて役作りするからできるんでしょう。泣くことも
でもね、観てるこっちは、なんでいきなりここまでぶっ壊れてるんだ??????
なにかそんなにすごいこと起きてた?????????
もう、置いていかれまくりました(^-^;)

そう、ここで榮倉奈々ちゃんの熱演に触れましたが
はい。役者さんたちの熱演はすごかったんじゃないかと思うんですよ!!
岡田将生の吃音とか、壊れっぷりとか、自失ぶりとか
染谷将太のいじめの対象になってる雰囲気とか!
松坂桃李も微妙ないじめっこ役をうまいこと情けない悪にみせてたと思う
遺族役の役者さんたちも素敵な人たちだったし

しかし、それでなんでこんなことになったんでしょ(^-^;)
バランスが悪かったのかもしれません。
過去のエピソードをえがきすぎというか、杏平の高校の話はそりゃあ壊れるよねってのが
納得できるくらい充分に表現してたのに、
現在の方の人間関係は全然納得できない(^-^;)理解できない(^-^;)

過去の方のエピソードも極端にかきすぎて破綻してる部分もあるんだけど(^-^;)
でも過去の松井のキャラはすっごくわかるんですよね・・・わかりたくなかったけど
他人を下げることでしか自分の位置を確かめられない人って表現したらいいかもだけど
この役を見て、こんなやついる?って思える人は幸せだと思うんだよね
こういう人と関わりあうと本当に心壊れそうになりますよ・・・
と、ものすごい嫌な部分だけこの映画とシンパシーしてしまったので余計にこの映画が嫌なものに・・・

そして肝心なタイトルの「アントキノイノチ」のエピソードも陳腐すぎと
意味不明というか、なんじゃそりゃをやらかしていました・・・うーん(^-^;)

すいません、今年観たワースト2かもしれません・・・・熱演された意味不明映画です。
★★☆☆☆2点です。

そうそう、こんな心が壊れてる人を遺品整理業なんて、死を意識する仕事につけるなんて
私は医師とかリハビリの専門の人の指導を受けながらとか、
なんかそういうちゃんとした設定があるのかと思ってたら
まったくそうでなくてびっくりでした(^-^;)
それはダメだと思いません?っていう根本否定に・・・・・(^-^;)
by kanamejakushi | 2011-11-28 00:36 | 映画