何かにはまると一直線。とにかくあきるまで突っ走る。旅キチで、映画好きで、食欲魔人な日記です。最近シドにドハマり!!


by kanamejakushi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
植物
映画
写真

料理
食べ物
つけ麺
甘いもの
旅行
お土産
旅の思い出
散歩
お気に入り

雑文
ディズニー
ゲーム
動物
妊婦生活
育児
料理地図
未分類

以前の記事

2018年 06月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

りんく(○´ェ`○)

最新のトラックバック

介護のための殺人
from 笑う社会人の生活
09/26中華街「萬和樓」
from チョウの檻
「凶悪」
from ここなつ映画レビュー
無料で観た
from Anything Story
07/14うおがし銘茶 ..
from チョウの檻
12/19築地 場外「河..
from チョウの檻
ブダペスト パブ FOR..
from ザルツブログ ザルツブルク在..
キック・アス
from piece of life ..
つきじろうさん宅宴会
from チョウの檻
チョウ家ベーコン宴会
from チョウの檻

ライフログ


築地あるき


叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 (よりみちパン!セ)

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
映画

画像一覧

タグ:阿部寛 ( 7 ) タグの人気記事

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語



松生春二(阿部寛)の妻・つやが病気で危篤に。松生が連絡したつやを知る男たちの今関係がある女たちはこんなだよってお話です。

う~ん。群像劇だからというか、なんというか、あらすじが書けません(^-^;)

つやの最初の男の妻とその愛人とか、
つやの前の夫の今の女とか、
つやの愛人と思われる男の奥さんとか、

つやさんが死にそうだよって話が伝わったこととかなんだとかで
ちょこっとだけ身辺に変化があったかなぐらいのお話の積み重ね
まあ、ちょこっとだけと全然言えないような気もしなくもなくもありませんが(^-^;)
あんまりつやさん自体にはふりかからないというかなんというか、
そういう、ビミョウというか曖昧なというか、雰囲気のお話です。

なんか、書き方は微妙ですが、
おもしろかったです。うん。
いろんな女が見られます。
「夢売るふたり」の感想でも、同じこと書いた気はしますが
こちらはR15指定なので(○´ェ`○)別の方向のいろんな女が見られて
特に、野波麻帆が美しくて好きでしたw一番脱いだだけじゃんってつっこまれそうですが^^;

そこに愛はあるのかい?って言いたくなるような「ある愛」ですが、この微妙さとエロさが男と女かもね
★★★★☆4点です。


ところで、この映画の終わり10分前ぐらいに新たにお客さんが入ってきました(^-^;)
「もうこの映画終わりなので、お間違えじゃないですか?」
と、声をかけたのですが
「次の映画」
と言って、そのまま後ろの方の席へ

これ以上言っても無駄と思って何も言わなかったんですが
今ね、映画館ってね、座席指定だからね、
自分の映画の始まる10分前しか入れないわけです
んで、上映の間隔って多分15分とかはあけてると思うんですよ。掃除とか準備とかあるし
だからね!
前の映画やってる時点で、間違いなくあなたの間違いですから!!!!!
って思ったんですが・・・・
一度注意して聞き入れてもらえなかったからと
映画終わった時には何も言わないででてきたんだけど、
やっぱり気になったから、飲み物片付けるところにいた映画館のスタッフさんに声かけました。
「終わり10分前ぐらいに『次の映画』って言って入ってきた人がいるんですけど」
この時点でスタッフの方にわかっていただきたかったんですが(^-^;)
「はい?」って反応だったので、「間違ってるのではないかと」と伝えました。

で、多分、そのお姉さんがお客さんに言いに行ってくれたんだと思うんですよね。
そのお客さん。
私が2本目に観た映画の方に居ました(^-^;)
5分後のだからね、やっぱりなって感じ

んで、この話。大事なところだから2度目言います。
前の映画やってる時点で、間違いなくあなたの間違いですから!!!!!

前にもね~。長澤まさみと速水もこみちがプールサイドでいい感じ(○´ェ`○)なシーンで、
終わり30分前ぐらい?な感じの時にね、
女性2名が入ってきて、私が座ってる席にやってきて
「チケット見せてください」
ってのやられたことがあってね~(○´ェ`○)

なので覚えておいてください!遅刻して予告ギリギリな時間とかに入ったんじゃない限りね、
入っていったら上映中だった場合、間違ってるのは自分ですからね~~~!!
by kanamejakushi | 2013-02-05 14:23 | 映画

カラスの親指



武沢竹夫(阿部寛)は、最近できた相棒の入川鉄巳(村上ショージ)と詐欺師をしていた。カモを見つけて後をつけようとしたら先にスリをしかけた河合まひろ(能年玲奈)と知り合って、まひろの姉のやひろ(石原さとみ)と姉の彼氏の石屋貫太(小柳友)を居候にしょいこむことになったけど、みんな過去にいろいろあるからそれをなんとか乗り越えるためにいっちょ大きな詐欺をかましますよってお話です。

またこれも予告に、「この映画の結末は誰にも言わないでください」とかなんとかなお話。
ミステリーの結末言っちゃうのはなしに決まってると思うのですが~
こういうこと宣言されると、話が読めまくるというか、
この映画も予告にそういうのが出すぎてるので
まあ、予定調和を楽しむ感じで楽しかったです。はい。

ただ、感情の起伏についていけなかったっていうか・・・
おもいっきりキャラを作られていた石原さとみの台詞が意味不明でした・・・
石原さとみの演技って意味じゃなくて、その役の台詞がというか感情の起伏って意味で(^-^;)

小柳友のふにゃふにゃ具合とか、能年玲奈のかわいさとか、
阿部寛と鶴見辰吾の存在感バッチリなとことか
ラーメン屋のマスターたちがいい人出てたり!
役者さんたちがよいな~と思ったんだけど

最後まで村上ショージが気になってしまったかも・・・・
へたれな相棒の役だからこんなしゃべりでいいのかもしれないけど・・・
これはこれでこの役にあってるのかもしれないけど???
でも、もしかしたらただ演技が下手なだけなのかもしれないけど・・・・
でも、きっとこの役はこういう感じだからきっとこんななのかもしれないけど・・・
と、ひっかかりまくったのでした(^-^;)

ミステリーなところよりコネタなところが楽しめるかも(●´∀`●)
★★★★☆4点です。
by kanamejakushi | 2012-12-11 11:18 | 映画

テルマエ・ロマエ



古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)が新しい浴場の設計に悩むたびに古代ローマのお風呂から現代日本のお風呂をいったりきたりして、斬新な浴場をローマに作っていくぞってお話です。

原作のマンガ好きです。
それを映画化??なんで?どうやって?
なんて思ってましたが、見事に映像化してますね~もろマンガ原作です!!って感じに!
それも、阿部寛、北村一輝、市村正親、宍戸開なんていう濃い顔日本人がローマ人て!!
これがまた、阿部寛の方がローマ人より顔が濃いっていう!!いや~すごいね

で、上戸彩がヒロインって、原作にはない人なのでどんな??って思ってたけど
ケッコウ自然にストーリーに溶け込んでたっていうか
古代ローマがおもいっきりメインなマンガを、もうちょっと日本に近づけた役回りになってたというか
日本人側の役に共通性を持たせて映画にしてたのはなかなかわかりやすくておもしろかったです。うん

原作が好きなので、それの映像化っていろいろあれやこれや考えますが
特に、前半の日本側の人たちの演出は、マンガを際立たせるため?
ストレートに言っちゃうと下手くそに見えたんだけど、それも演出なのかな?
おじいさんたちの演技はあんなもんじゃないって思えなくもないけど
内田春菊さんって、もうちょっと演技にうるさそうなのにアレってことは演出なのかな?って思ったり

オチが好きなオチがついてたんだけど、そのオチの場所が気に入らなかったのは私だけでしょうか?

いや~これの映像化は阿部寛のためにあったと言っても過言じゃないほどのはまり役映画ですよ
★★★★☆4点です。

そういえば、阿部寛はこの役のために筋肉をたっぷりつけたそうです。素晴らしい肉体美でした(*'-')
by kanamejakushi | 2012-05-02 23:59 | 映画

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~



日本橋の翼のある麒麟像まで腹部を刺された青柳武明(中井貴一)が歩いてきたが死亡。すぐに怪しい男・八島冬樹(三浦貴大)が見つかったが逃亡しようとしてトラックに轢かれてしまった。所轄の刑事・加賀恭一郎(阿部寛)と捜査一課の松宮脩平(溝端淳平)のコンビが捜査を始めたが、青柳の行動と八島の彼女・中原香織(新垣結衣)の話を考えると気になることがたくさんあって犯人は別にいるって加賀が画策するんだよってお話です。

ドラマから観ていた話が映画化!ってわけで楽しみに観て来ました~♪
加賀恭一郎って役はいいですね。
なんかひたすらたくらんでるっていうか、細かいことにひっかかりまくれるところがね

で、ベースが好きな登場人物のお話だから、とっても楽しめたんですが!!

それよりも、もっと楽しめたのが!
若手の役者さんたちが好みというか、存在感のあるいい役者さんになるよね!
って思ってる人たちがたくさんだったからだったりもしました~♪

溝端淳平はすでにドラマからでてたのでおいといて、といっても好きだけど!!

これからきっと主役やりまくるとみてる松坂桃李とか!!
存在感があっていい脇役になると思う菅田将暉とか!!
もうこの人の存在感は最高!!な柄本時生とか(てかこの兄弟の存在感すごすぎ!)
きっとこのこはもうすぐドラマとかでもヒロインかも♪な竹富聖花とか!!

なんか、配役がなかなか素敵で楽しかったです~(○´ェ`○)

もし難癖つけることがあるとすれば・・・これ、ドラマでもよかったんじゃないかなとか^^;
連ドラで観たかったかも・・・なんてね(^-^;)
そしたら、鯛焼き屋さんの登場もあったんじゃないかなと思ったのでした。
すいません、ただの沢木ルカちゃんのファン発言です(ノω`*)

ドラマのファンだからもうそれだけで楽しかったのかも。すんません(^-^;)
★★★★☆4点です。
by kanamejakushi | 2012-02-02 18:14 | 映画

死刑台のエレベーター



医師・時籐(阿部寛)は、社長夫人・芽衣子(吉瀬美智子)を愛し、芽衣子にそそのかされて完全犯罪を狙って社長(津川雅彦)を殺すが、証拠品を回収しようとしてエレベーターに閉じ込められてしまい、ひたすら出ようともがく時籐!待ち合わせにこない時籐にパニくってさ迷う芽衣子!だって、閉じ込められてる間に車が盗まれて、助手席に若い女(北川景子)がのってるのだけ芽衣子みちゃったもん!なんなのよこれ~~~!
ってお話です。

え~っと・・・
予告のナレーションからしてやばいかなって予感はあった。確かに。
でも、予告は予告だし、名作のリメイクだし、とりあえず吉瀬美智子はきれいだし
って思ったんだけどね・・・
しかし、開始早々、この直前に観た「七瀬ふたたび」と同じく企画制作小椋事務所ってのをみて、さらにやばいかも・・・って思ったら・・・・いや~もう、全力でやばかったですわ。
やめて~~~この古い演出~~~~30年近く前の大映ドラマっすか??
いや、それは大映ドラマに対して失礼かっちゅうぐらい変な演出(^-^;)
それとも名作のリメイクをするのに、そのテイストどっかりのせようとして失敗しただけ?

もうとにもかくにも、吉瀬美智子への演出が変すぎる!
表情とか、動きとか、何がさせたかったのかまったくわからない!
玉山鉄二の役の設定もわけわからん!
なんで最初にやくざの下っ端らしきやつらとあそこまで乱闘になったか謎すぎる
本当に警察官って設定か???
行動パターンが警察官ではなさすぎて、なんだかわけわからん
無駄に華がありまくりの北川景子・・・いや、顔は大好きなんだけどね
この映画は演技力いらかなったっぽいからちょうどよかったかも?
どうせ変すぎる設定なんだし(^-^;)
町田マリーがなんであそこまで酔っ払ってる役なのが意味わからん。
どうして吉瀬美智子が堀部圭亮にぶちあたれたのかもわけわからん。
りょうの役は、どうやったら警察官からやくざの組長の恋人になれたのかわけわからん。
阿部寛の役・・・殺し方間違ってね?自殺にみせかける気あるんかい!!
逃げる努力はともかくあの身体の炙りは何??

まともな役は笹野高史の警備員くらい?それがまともな設定かどうかはともかく!

リメイクってさ、もっとおもしろく現代にむけて作るものなんだと思ってたけど・・・
ここまでわけわからないものを作っちゃったセンスにびっくりかもです(^-^;)

ここまで失敗してるリメイクもめずらしいと思います。
☆☆☆☆1点です。
by kanamejakushi | 2010-10-14 14:09 | 映画

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル



この映画については、一言しかないんじゃないでしょうか。
壮大なコントです!
ちなみに、いくつもあった動画の中からこの予告にしたのは
もちろんわざとです(´_ゝ`)


あ~おもしろかった。難点は生瀬勝久&池田鉄洋コンビの出番が少なすぎたこと。
★★★★☆4点です。
by kanamejakushi | 2010-05-15 00:56 | 映画

チョコレート・ファイター

原題: CHOCOLATE
タイのアクション映画です。
タイの映画初めてみたかもです。
主演のジージャーちゃんがものすごいアクションを展開してます。
設定として、一度動きを見るとその技ができるようになる能力がある。ってことでバンバン闘ってくれちゃいます。ジージャーちゃんはテコンドー選手だったそうで、ほんと、驚くほどすばらしい格闘シーンでした。
しかし、美少女というのが私のイメージとは違うんですが(゜ー゜;)
彼女はどうも、井上真央ちゃんにちょびっと池脇千鶴ちゃんたしたような感じのお顔でして、「充分美少女だろ(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻」って言われるかもしれませんが、二人ともかわいいと思うけど、地味かわいいというか、普通のかわいさって感じで「美少女」ってイメージじゃないんですよね(゜▽゜;)いや、これは好みの問題かもですが。とにかく、観てる間、井上真央ちゃんに見えてしょうがなかったです(笑)
お母さん役のアマラー・シリポンさんはとても美しかったです。いい役でしたよ。
そんで、日本のヤクザ役で阿部寛さんがでてたわけですが、これがまたおいしい役でしたよ。出番は少ないけど、カッコイイ(*´Д`*)そりゃー恋にも落ちるさ、おっさんからやきもちもやかれるさって感じです。
ストーリーはわかりやすくて、ヤクザがらみなラブストーリがちょこっとあって、知能には問題あるけど、格闘は天才な少女が母の昔の関係者と闘いますって感じです。
とにかくこの映画の見所は完全にアクションなわけです。
いや、ほんとすごい。こんなかわいいこがこんな切れのある動きをみせてくれるなんてびっくりですよ!
エンドロールで、アクションシーンの収録風景とかを見せてるんだけど、怪我しまくってます。ヒロインも脇役もみんなです。ちょっとびっくりするぐらいです。アクションってこんなに怪我するもんなの??いや、迫力だすのは大事だけど、ちゃんと怪我しないようにすることも大事なんじゃないかなって、ちょっと引いてしまいましたが。この努力あってこその、あの迫力シーンなんですよね。うーん。すごい。

ほぼ格闘シーンだけの評価にはなりますが
★★★★★5点満点です。


映画・ドラマ
by kanamejakushi | 2009-05-28 00:01 | 映画